祝木

北山杉の説明
北山杉は北山丸太の原木である。最初は室町時代の応永年間(1394~1427)から植林されたと言われ、約600年にわたって培われた育林技術と加工技術で作られた優等の品種である。
北山杉は主に京都の北西部、中川を中心とした北山地方に植林されてる。北山杉を同じ太さ且つ真っ直ぐな状態に保つため、職人さん達は4年ごとに「枝打ち」や「間伐」などの手入れを行う。これは子どもに対する教育みたいなもんで、30年乃至50年の躾によって、北山杉はやっと一人前になれる。
北山杉の最大特徴として、高く聳え立つ姿やギッシリ詰まった年輪などは職人さん達の周到な栽培の象徴とも言える。皮を剥いた後の北山杉は、しなやかな質感と独特で優雅な雰囲気を放つ。

北山丸太の説明
「丸太」は皮を剥いだだけの木材を意味する。江戸時代から、その高貴な質感とずば抜けている性能で日本中に有名になっていた。とりわけ、茶室、島原角屋などの日本文化を支える建築に頻繁使用されていた。その中に、桂離宮と修学院離宮は一番代表的な物である。今現在、北山丸太は重要な建築材料として、床の間、垂木、飾り柱、壁材などで使われてる。
北山丸太は「北山磨丸太」、「天然出絞丸太」、「人造絞り丸太」、「北山タルキ」、「面皮丸太」など、いろいろな種類に分けられる。
例えば、北山磨丸太は皮を剥いた後、干割れが起こらないように、一週間ぐらいをかけて天然乾燥させる、その後も心を込めて木肌を磨き、さらに天然乾燥は1乃至2ヶ月の時間がかかる。

北山杉・北山丸太の特徴
一般の木材と違って、北山杉・北山丸太は独特な光沢と模様を擁している。だから、他の木材と比べて、北山杉・北山丸太はインテリア素材に向いていることは一目瞭然である。顧客のニーズに合わせて、北山杉・北山丸太は和風の「繊細」や「古風」などを演出できるでけだはなく、洋風の「エレガント」、「ノーブル」たまに「ワイルド」も表現できる。これは全て木材本来の素質から生まれたものである。人の顔がたくさんの感情を表現できるように、北山杉・北山丸太も千差万別な表情を出せる。
それよりも、もっと大事なコトがある――北山杉・北山丸太は強い心を持っている!前に述べたように、北山杉・北山丸太は「枝打ち」から、「乾燥」、「磨き」まで、工程の一歩一歩の中に職人さん達の汗と洗練された伝統技術がこもっている。だからこそ、その緻密な年輪――北山杉・北山丸太の芯ができるのである。第54回日本木材学会大会での、京大教授の木材調査の発表はその最大の証拠となる:曲げ性能実験、座屈実験、縦圧縮実験において、北山丸太は一般丸太と製材品より優れている。

経済高度発展している中国などの地区で、品質への追求は進む一方である、木材市場もそうであろう。約600年の伝統を継ぎ、北山杉・北山丸太は感動的な美感と完璧な品質の提供を保証する。より多くの心地良い空間を作るために、北山杉・北山丸太はその伝統を受け継ぎ続ける。